【ご報告】🍀2021/3/6(土曜)「第2回KOKOROKUBARI活動」報告🍀

 

2021(令和3)年3月6日(土曜)14時から16時まで「亀戸梅屋敷」にて第2回「KOKOROKUBARI活動」を行いました。

緊急事態宣言がさらに2週間延長された最中ではありますが、弥生の暖かな快晴の中で活動いたしました。本日は46人のお子様とそのご家族が参加されました。

配布は「1人10分以内」(受付3分、配布7分)で行うようにしました。

受付時に参加者への「手指の消毒&非接触型体温計での検温」、サポーターはマスクにフェイスシールドを着用した上で活動、参加者はマスク着用した上で参加をお願いしました。

活動は「行事保険(当日参加型)」に加入し、参加者は受付名簿に氏名のご記入をお願いしました。

参加者は亀戸からの参加者が多いですが、大島、南砂、住吉、北砂、辰巳からの参加者もいらっしゃいました。墨田区石原からの参加がありました。

「コロナ禍」の緊急事態宣言中での活動に伴い、「保護者」だけでの受け取りも可能といたしました。また、参加者には配布するお菓子の「賞味期限」や「アレルギー物質情報」を提供しました。

多くの方々からの食品や手づくりグッズをいただき、お子様に「KOKOROKUBARI」することができました。

前回配布させていただいた、「東京東信用金庫 亀戸支店」さまからの防災用品と「法務省人権擁護委員」の長澤さまからの歯ブラシを今回もお配りしました。

地元商店街の和菓子屋2店舗(「山長」の大福と「岡田屋」のどら焼き)、また「社会福祉法人江東楓の会」が経営する「パン工房さくらこんとね」(高齢障害者通所施設さくら分室)のアーモンドクッキーとおからのかりんとうを購入し、配布させていただきました。

今回は6名のサポーターのご協力いただきました。柿沢衆議院議員、江東区助け合い活動連絡会(江東区大島町会連合会)会長の渡辺さん、猪野さん、羽立さん、白鳥さん、亀戸児童館の松沢さんです。お忙しい中、ご協力本当にありがとうございました。

さらには、当日に1名様より寄付金、3名様より食品の寄付を頂きました。

本当にありがとうございました。

ご寄付を頂いた方へのお礼として、参加されたお子様やご家族に「心ばかりのメッセージカード」を書いてもらいました。2つ折りミニ色紙に貼り、心ばかりの返礼とさせていただきます。

 

<「KOKOROKUBARI活動」詳細>

  • 寄贈されたお菓子の配布(お子様30人分)
  • 寄贈されたノンアルコール甘酒(お子様30人分)
  • ミ二おもちゃはお好きなものをお一つ
  • スーパーボール1袋とお好きな水風船をお一つ
  • 障がい者支援事業所で障がいのある方々が製造された焼菓子(1家族1袋(先着15家族分))
  • 亀戸の2か所の地元商店街で購入した「和菓子」(お子様1人1個先着30人分)
  • ミニメッセージカード(お菓子付)をお子様1人1枚(お子様先着50人分 )
  • 希望者には「カメイダーのぬりえ」と「カメイダーの衛生カード」の配布
  • 寄贈された歯ブラシの配布(お子様1人2本)
  • 寄贈された防災用缶入りパン1缶2個入り(お子様1人2缶)
  • 「鬼滅の刃」手作り折り紙ギフト
  • デイサービスセンターを利用されている方々からの手づくりギフト

<寄付報告>

・東京東信用金庫亀戸支店さま 防災食品

・法務省権利擁護委員 長澤さま 歯ブラシ

・藤田さま ノンアルコール甘酒

・井上さま 寄付金と食品      ・斉藤さま おもちゃ

・白鳥さま 鬼滅の刃の手作り折り紙 ・山城さま 手づくり縫い物

 

<当日の寄付報告>

・小島さま 寄付金 ・白尾さま 食品 ・鈴木さま 食品 ・二色さま 食品

ご協力本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です